グラビトンとは?

グラビトン(重力子)とは、原子より小さな素粒子が持つプラスのエネルギーです。このエネルギーが、病気やトラブル等のマイナスに帯電されたエネルギーを干渉して消去する原動力になります。病気やけが、生活習慣病、引きこもり等も短時間で解決します。

奥日光グラビトン結界施術

トラブルと病気の原因

土地にマイナスエネルギーがあると草木が育たない、花が咲かない、実がみのらない。建物にマイナスエネルギーがあると、そこに居るだけで気分が良くない、イライラする、口論になる、トラブルが続く、寝込む、登校拒否になる。ひどい場合には、会社が倒産するなどの原因となります。  同じように、体にマイナスエネルギーがあると、欲しくないのに食べてしまう、止められない、一生懸命に話をしても伝わらない、人と接するのが怖いなどの傾向が表れ、生活習慣病、うつ、引きこもりなどの原因がそれに当たります。  現代の生活は、電気通信網が発達して身の回りに物が溢れていますので、その分だけマイナスエネルギーを取り込む機会が多いのです。体の改善のための薬を服用しても、毎日運動をしても抜けるものではないため、日々マイナスエネルギーが蓄積されていきます。

マイナスエネルギーとは

マイナスエネルギーの本質は人間の良くない想いです。憎しみや恐れ、怒り、不平不満、心配心などネガティブな想いは、原子の一部分に歪みを生みます。その歪みに環境(多次元の空間)が共鳴することで様々な現象を引き起こします。オリンピックの翌年は転変地異が起こりますが、これは人間同士の争いの心や不安の高まりが、負の現象に共鳴した結果です。
現代の社会は、経済の発展のために物とエネルギーの消費を高め、豊かになろうと人間の欲をかき立て、利害関係から争いの種を生み出します。その結果として、世界各地で観測史上始まって以来の災害が続いているという現実があります。

グラビトン通信とは

〜あらゆる物資質は情報・秩序構造で出来ている〜
アメリカの研究チームにより重⼒波が検出されたという発表がありましたが、今後、重⼒波が様々な技術において活⽤されていくことへの期待が⾼まっています。

東京⼯業⼤学の故・関英男博⼠、そして元KDD副社⻑の宮憲⼀⽒によるこの重⼒波活⽤の研究が進められておりました。
重⼒波を活⽤した通信システムである、グラビトン通信を⽣み出しました。
グラビトン通信は、エレクトロニクス(電磁波の科学)とグラビトニクス(重⼒の科学)の融合であると⾔えます。
グラビトン通信は、遠く離れた「空間」、「⼈」などについて、直接波を使⽤して影響を及ぼすテクノロジーなのです。
この仕組みが体系化された概念と技術が、グラビトン通信コンピューターシステムです。

何故グラビトニクスとコーチング